適格消費者団体の認定について

当機構は、2009年9月設立以来、消費者の権利確立のため、消費者に対して各種消費者被害の調査、情報提供、救済活動等を行い、また他の消費者団体・関係諸機関と連携を図ることにより充実した消費者政策の実現を目指し、消費者の人権擁護及び社会教育の推進に寄与することを目的として活動を重ねてまいりました。

2012年11月13日、消費者契約法の規定に基づき、小平忠正内閣府特命担当大臣より当機構理事長朝見行弘に対し、適格消費者団体としての認定書が交付されました。

今後は、適格消費者団体として付与された差止請求権の行使も視野におきながら、消費者の権利確立を目指す各種活動にさらに邁進していく所存です。国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展のため、引き続き当機構の活動にご理解とご協力を賜わりますようお願い申し上げます。

関連記事