株式会社メルカリにご連絡を送付しました

従前より申入れを行っていました株式会社メルカリ(以下、「当該事業者」という。)について、条項の一部につき、当機構の申入れ内容にそって修正がなされていることを確認しました。これにより、消費者に一方的に不利であると思われる記載については一定程度解消されたと思われます。しかしながら、いまだ一部条項については消費者の権利保護の観点から疑問の残る内容であり、これについては引き続き当該事業者に対する協議や申入れ活動を継続する予定です。

【改定された内容の要旨】

1 一定の場合に消費者に生じた損害について、当該事業者が一切責任を負わないものとする条項や、当該事業者の負担する損害額に上限を設ける条項について、表現の削除や、当該事業者に故意又は過失がある場合には責任を負うとする内容への修正がされました。

2 退会する消費者に対して支払われる予定の金銭や、一定期間支払いの申請がなされなかった商品代金について、当該事業者の判断で無効としたり、放棄したものとみなすことができるとする条項について、削除がされました。

3 消費者との間で生じた紛争解決のために当該事業者に生じた損害で、消費者に賠償義務が生じるものの範囲について、「弁護士費用を含むあらゆる費用」という表現が削除されました。

【引き続き協議を継続する条項の要旨】

1 規約の定義に「ガイド」を含むものとする条項

2 別会社である株式会社メルペイのサービスにかかる内容について規定する条項

3 当該事業者が契約当事者の立場にないにもかかわらず、契約内容について定めたり、一定の場合に消費者間の売買契約を取消すことができるものとする条項

4 当該事業者が消費者に対して販売を行う場合に、当該事業者の裁量により売買契約を解除できるとする条項、及び消費者による解除権を民法の適用に比して制限する条項

5 サービスの内容や品質等について、当該事業者が保証しないことを定める条項

※添付書類

・メルカリ利用規約に関するご連絡PDF