株式会社LIXILに対して差止請求訴訟を提起しました

消費者支援機構福岡は、株式会社LIXILに対して、2013年4月12日(金)、福岡地方裁判所において、入居一時金償却条項差止請求訴訟を提起しました。

→訴状はこちら(PDF)

LIXILは,シニアマンション(提訴時)の入居契約書において,①入居時に支払われる一時金(いわゆる「入居一時金」)について,入居者が中途退去した場合であっても,その20%を返還しない旨,(いわゆる「初期償却条項」),②非返還分を除く入居一時金を一律180か月で償却する旨を定めています。

当機構では,このような規定は,入居者が退去した場合に,実際に入居していない期間に相当する金銭の返還がされないことにつながるものとして,消費者契約法10条により無効と考え,提訴しました。

なお、この差止請求訴訟に関し、NPO法人企業社会責任フォーラム【消費者支援基金】より助成金交付が行われています。

 

LIXIL期日の報告(第1回から第4回まで)

第1回期日(第1回口頭弁論期日)について

・2013年5月29日(水) 10:00 から開催されました。

・原告訴状陳述,被告答弁書擬制陳述

 

第2回期日(第1回弁論準備手続期日)について

・2013年7月19日(金) 11:30 から開催されました。

・被告準備書面陳述

 

第3回期日(第2回弁論準備手続期日)について

・2013年9月24日(火) 11:30 から開催されました。

・原告準備書面陳述

 

第4回期日(第3回弁論準備手続期日)について

・2013年12月5日(木) 11:30 から開催されました。

・被告準備書面陳述

・被告から,「レジアス百道」について住宅型有料老人ホームの届出がなされたことが報告されました。

・次回期日は2014年2月6日(木) 13:30 から開催されます。