「産業構造審議会商務流通情報分科会割賦販売小委員会中間的な論点整理」に対する意見書

クレジットカード取引は、消費者の購入機会を拡大するとともに、円滑な支払を可能とするものです。クレジットカード取引の民間最終消費支出に占める割合は年々増加しています。今後、電子商取引市場や対面でのキャッシュレス支払が一層拡大し、クレジットカードがその支払手段としてますます活用されることが見込まれます。

産業構造審議会商務流通情報分科会割賦販売小委員会では、2014年度、7回の審議を行い、クレジットカード取引の利用環境の変化等について整理するとともに、クレジットカード取引に係る課題の対応策として考えられる事項について検討を行い、これまでの検討状況を中間的に整理しました。

この度、本中間論点整理にあげた事項について、意見の募集があり、当機構では、このことに対し、意見書を提出しました。

 

→「産業構造審議会商務流通情報分科会割賦販売小委員会中間的な論点整理」に対する意見(PDF)

関連記事