民法の成年年齢の引下げの施行方法に関する意見

民法の成年年齢の引下げについて、法務省では、民法の成年年齢を20歳から18歳に引き下げる法改正の準備をすすめていますが、民法の成年年齢を引き下げた場合には、その影響が及ぶ範囲は極めて広範に及ぶことが予想されます。そのため、改正法の具体的な施行方法、施行日、経過措置等について、意見募集があり、当機構より意見書を提出しました。

→民法の成年年齢の引下げの施行方法に関する意見書(PDF)

関連記事